WindowsXP

マイクロソフトからのアナウンスによると

xplogo

「2014年4月8日 Windows XP Service Pack 3 (SP3)およびWindows XP 64 ビット SP2のサポートが終了します」

これによりセキュリティ更新プログラムの提供がなされないためこれ以降の運用は無理と思われます

ではこの間、Windows XPを使っていて実質的に困ることは

・タブブラウジングが使えない

・よく訪れるサイトを表示する[新しいタブ] ページが使えない

・アドレス バーからの検索ができない

などでしょうか

IE9

WindowsXPにバンドルされて現在一番よく利用されているブラウザーInternetExplorerのバージョン9がサポートされずIntenetExplorer 8までという所が大きいと思われます

唯一「追跡防止」に関するInPrivateブラウズ機能がInternetExplorer9で備えられておりcookie送信を防ぐことが出来るのですがこれを使えないのは残念です。もっとも自分に興味がある広告が表示されて都合が良い利点もあるかもしれませんね

その他WindowsLiveEssential2011はWindowsXPではサポート外なので使用できないのですが、これは従来のOutlookやOutlookExpressほか他のメーラーを使っていれば問題ないと思われます。現在ご使用のWindowsXPを有効に使うためのノウハウはパソコン修理横浜へお問い合わせください