2012年10月26日(金)発売予定のWindows8評価版をインストールしてみた

こちらからDVD作成用isoファイルをダウンロード

Windows 8 Release Preview ISO イメージ

焼き付けソフトでインストールディスクを作成

2

ここでWindows8はまだ評価版、このまま使うことはないので現状のWindows7とのデュアルブートとしたいのでどうしようか悩む

マルチブートのためのソフトはいろいろあるが場所が場所だけにしくじると起動不可の可能性大

ということで

BIOSから起動ディスクを変更することで対応することにする

ここではその設定を見ることに

パソコンはDELL製VOSTROデスクトップパソコン220SスリムAmericanMegatrend社のBIOSを使用してます

BIOSは電源を入れる際F2キーを押すことで表示されます

起動ディスクの変更は

Boot Configurationを選択

1

Hard Disk Boot Priorityを変更することで行います

2

この場合1st DriveをSSD(Intel SSD)とHDD(Western Digital HDD)との入れ替えでOS選択を実施します

3

起動したいHDD(SSD)を1stDriveに指定BIOS書き込みを実施すれば

5

あとはWindows8を普通にインストール出来ます

DSC_0054

Windows8の特徴的なスタート画面

DSC_0080

スタートアップアイコンがないので最初は戸惑いますが右端にマウスを移動させると検索メニューが出てくるのでここからアプリの選択を行います

app

実際にはよく使うアプリを登録しておくと使い易いですね