コストを重視した医療事務「受付管理システム」を目指します

システム

  • HOME »
  • システム

DBシステムを作るにあたって検討すべき項目を洗い出してみた

・セキュリティ

s-セキュリティ (1)第一に考えるべき項目としてセキュリティがあげられる。これはシステムとして存在していない(紙ベース)としても発生する問題ではあるが、ネットワーク化の度合いと相反する項目であり現在ではどのくらいセキュリティに注意を向けた改善が図られたシステムかどうかで判断される。極端な話ネットワーク接続されていない場合はシステム担当者周辺のプライベートなデータ持ち出しをどのように防ぐかといった点がクローズアップされる。

・運用修正の手軽さ、業務内容の変化対応

・拠点間連携ネットワーク対応

・データ管理保全のし易さ信頼性

s-データ (4)

 

 

 

 

 

・業務改善への適応し易さ

・費用

検討項目 スクラッチ パッケージ クラウド
1 業務改善スピード ×
2

運用&修正の手軽さ

業務内容変化に強い

×
3

企業間連携

ネットワーク対応

×
4 運用コスト ×
5 データの保全・信頼性 ×
6 セキュリティ

スクラッチ(オーダーメイドシステム)

パッケージ(既製品)

クラウド(セミカスタム)

入出力を行うクライアントパソコンといった観点から世の中のシェアーを見て見ると90%をWindowsOSが占め残りの10%をLinuxやMacintoshOSが分け合っている現状であります。こと医療分野に限ってみると半数がMacintoshをクライアントシステムとして使用している特殊な業態でもあります。医療関係者以外にはミュージシャンやデザイン分野のクリエイター、印刷業界もやはりMacintshを身近なパソコンとして使っている現場です。

使用するクライアントパソコンを選ばないことも導入条件の一つでしょう

カテゴリー

ご訪問ありがとうございます

  • 0現在オンライン中の人数:
PAGETOP