パソコンの入れ替えを行うためDATAのバックアップを実施

ロゴはWindowsVISTA中身はWindows7Professional 64bit メモリ:4GB

DSC_0010

Core2DUO

2012-08-31_144700

 

容量的に多いのがデジカメのデータでTera単位の容量を占めているがこのデータが容量2TBのHDD2台のRAID1ミラーディスクに格納されている状態

ここでデータ転送速度が早いI/F(インターフェース)を調べてみた

なんと言ってもハードディスク、SSDや光学ドライブを接続する為のインタフェース規格

シリアルATA(SATA、Serial Advanced Technology Attachment)

S-ATA2

次にUSB3.0の外付けHDDが

周辺機器を接続するためのシリアルバス規格

USB(ユニバーサル・シリアル・バス)

USB2

実際の転送速度は

環境はVOSTRO220S RAID1構成HDDでOSはWindows7 64bit

        S-ATA                  USB2.0

S-ATA  USB

結果この構成ではS-ATAの方が倍程度の転送速度

同じHDD

320GB

をPentium4 OS:WindowsXP Professional

USB2.0に接続替えした場合の転送速度

micromaster S-ATA